ベルリンの壁

みなさん、こんにちは。松沢英俊です。

今日は面白い記事をみつけたので、紹介したいと思います。

ベルリンの壁は 1949 年に、ソビエトが支配していた東ベルリンとアメリカ、イギリス、フランスが支配していた西ベルリンを隔てるために建てられました。
面白いことにベルリンの壁ができるまでは、ベルリンの人たちは社会主義の東ベルリン、資本主義の西ベルリンを自由に行き来できたそうです。家は東ベルリンにあり、職場は西ベルリンにあるなど。
ところが、1949年一夜にして東ベルリンと西ベルリンの間に壁ができました。人々は行き来できなくなったのです。
歴史に興味がある人には、面白い記事だと思うので是非読んでみてください。

++++++++++++++++++
出展:VOA news, August 13, 2011, Berlin Wall: 28 Years of Confrontation

On August 13, 1961, the window in the “Iron Curtain” was shut. In a single night, the border between the two parts of Berlin was closed. Thousands of people were cut off from their families, work, and homes. The Berlin Wall stood for 20,315 days. For 28 years it separated the city into two. More importantly, it divided the world.

1961 年 8 月、「鉄のカーテン」の中の窓は閉じられた。一夜にして、ベルリンを2つに隔てる境界線は閉ざされたのだ。数千人もの人々が家族、仕事、家から切り離された。ベルリンの壁は、20,315 日存在し続けた。28年の間、ベルリンの壁は都市を2つに分断した。さらに重要なことに、その壁は世界を分断した。

For a long time the wall not only separated East Berlin from West Berlin, but also was a symbol of two worlds: the one that was free and the one behind the “Iron Curtain.”

ベルリンの壁は長い間、東ドイツと西ドイツを隔てていただけではなく、2 つの世界の象徴でもあった。1 つは自由の世界、もう1つは「鉄のカーテン」の陰の世界。
Divisive split

Berlin was divided after World War II. In 1949, East Berlin the Soviet-occupied zone became the capital of the newly-created German Democratic Republic. West Berlin was controlled by the United States, Great Britain and France.

ベルリンは第二次世界大戦後に分断された。1949 年にソビエト連邦が支配する東ベルリンは、新しく建国されたドイツ民主共和国の首都となった。西ドイツはアメリカ合衆国、イギリス、フランスに支配された。

It was common at the time for Berliners to live in the East but work in the West, and vice versa. Every day, half-a-million people traveled freely from “socialism to capitalism” and back.

その当時、ベルリンの人々にとって東に住み西の職場に通勤することや、その逆はよくあることであった。毎日50万人が自由に、「社会主義」と「資本主義」を行き来した。

That all came to an end on August 13, 1961. In one night, the border between the two parts of Berlin was closed. The next morning thousands of people could not get around the city: the roads were closed off with barbed wire; the streets were dug up; the military was out in force. But the most striking difference was a long wall now dividing one part of Berlin from the other.

1961 年 8 月13 日にそれは終わりを向かえた。一夜にして、ベルリンを隔てる境界線は閉ざされたのだ。翌朝、数千人の人々が都市を行き来できなくなった。 道路は有刺鉄線で遮断され、道は掘り起こされた。軍隊も出動した。しかし,最も大きな違いは、現在も一部のベルリンを隔てる長い壁であった。
Berlin Crisis

Why did it happen? Because West Berlin was a “headache” for the Soviet Union and the East German regime. People and resources were leaving the communist side through the transparent border; free-market ideology was seeping through it from the West. For East Germany, it was a deeply destabilizing factor. After consulting with Moscow, the East German government decided to close off the border.

なぜそれは起きたのだろうか。それは西ベルリンは、ソビエト連邦と東ドイツ政府にとって「頭痛の種」だったからだ。人々と資源は見えない境界線を超えて、共産主義側から去っていった。自由市場のイデオロギーが西側から広がってきていた。東ドイツにとって、それは東ドイツを不安定にさせる要因であった。モスクワとの協議後、東ドイツ政府は境界線を閉じることに決めた。

At first, people crowded on both sides of the division line. But any attempts to cross it were stopped by the East German military and police.
The West was infuriated. Tension in the city was growing. It all resulted in the so-called “Berlin crisis”  one of the most critical confrontations between the Soviet Union and the United States.

最初の頃、人々は境界線の両脇に群がった。しかし境界線を超えようとする試みは、東ドイツ軍と警察により阻止された。西側は激昂した。都市の緊張は高まった。それはソ連とアメリカ合衆国間の最も重大なな対立の1つ、いわゆる「ベルリン危機」に発展した。

On October 28, US military jeeps, bulldozers and tanks began moving from the Western sector to the Brandenburg Gate  planning to destroy the barriers. But toward them came Soviet tanks. This was the peak of the crisis. All night the tanks stood facing one another. In the morning the machines retreated, and the immediate crisis was over.

10月28日、壁を破壊しようと合衆国軍のジープ、ブルドーザー、戦車が西側からブランデンブルク門へ移動し始めた。しかしながら、これに対しソ連の戦車も出動してきた。ベルリン危機の頂点だった。両陣営の戦車は一晩中向かい合った。翌朝、戦車は撤退し、差し迫った危機は終わった。

Oppressive barrier

The Berlin Wall became a symbol of the Cold War. At first it was mostly barbed wire. The division line lay across squares, bridges, streets, even buildings. In 1962, a parallel wall was erected along the so-called “alienation zone.” It later became known as the “death strip”  full of trenches, booby traps and other defenses. In 1975, a new wall was built, using 45 thousand cement blocks.

ベルリンの壁は冷戦の象徴となった。最初の頃、ベルリンの壁の大部分は単に有刺鉄線だった。境界線は街区、橋、道、そして建物にまで及んだ。1962 年、平行の壁がいわゆる「無人地帯」にそって建てられた。後にそれは、「死の地帯」として知られるようになった。死の地帯には、多くの溝、地雷、その他の境界線越えを妨げるものが多くあった。1975 年 45,000 個のセメントブロックを使用した新しい壁が建てられた。

The Wall stood for 20,315 days. Several hundred people died trying to cross from East Berlin to the western side. The West kept fighting for the right to free movement.

壁は 20,315 日建っていた。数百人の人々が東ベルリンから西ベルリンへの移動しようとして死亡した。西側は自由に移動する権利を求めて戦い続けた。

In 1989, the wall fell, as the East German government suddenly re-opened the border.

1989 年、突如として東ドイツは境界線を開きベルリンの壁は崩壊した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。