村上春樹・柴田元幸ハイブ・リット

英語の勉強って単語を覚えたり、面白くない長文を読んだり何かと退屈なんですよね。ある程度英語ができるようになると、洋書を読んだりして楽しみながら英語が勉強できいるようになるわけですが、TOEIC 900もとれないような英語ができない人は、そんなことしても、すぐに挫折してしまうわけです。僕もその1人でした。なので、それでも楽しんで英語を勉強したい、という気持ちはわかりますし、その難しさも知っています。そして実は楽しむ英語にステップアップするために非常にいい本があります。

アルクから出版されているハイブ・リットシリーズ。柴田元幸版と村上春樹版があります。これは素晴らしい、の一言に尽きます。なにが良いかというと、この本にはいくつかの短編小説がフルで収録されていて、見開きの左のページに原文、右のページに対訳が載っています。収録されている小説も両氏が厳選し、ポール・オースターなどの人気作家の作品が含まれています。もちろん、翻訳も両氏がしています。英語学習者を意識した本なので、詳細な解説までついています。さらに素晴らしいことに小説家本人が朗読する朗読CDつき。まさに大人の英語学習者向けの本です。

柴田元幸ハイブ・リット村上春樹ハイブ・リット

退屈な通勤時間が楽しい時間に変わることは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。