年収103万円(年間所得38万円)の壁について

103万円を超えると以下のデメリットが発生します。パートに出ている妻やアルバイトをしている学生は年収が103万円を超えないように注意してください。

1. 本人の所得税が発生する
2. 扶養者(夫など)が配偶者控除や扶養控除が受けられなくなる

今回はなぜ103万円なのかを説明したいと思います。まずは用語の定義から確認することにしましょう。
・年収:1年間の給与(手取りではなく額面です)
・所得:年収 – 給与所得控除
・給与所得控除:サラリーマンやアルバイトなどの給与所得者の経費。給与所得者は給与所得控除という形で、年収に応じて経費が自動的に決まります。
・基礎控除:一律38万円が所得から控除されます

理解を深めるためにいくつかの例で考えていきましょう
年収500万円の場合
年収500万の場合は、年収500万から給与所得控除 154万円を引いた346万円が所得になります。課税対象は所得の346万円から38万を引いた308万円となります。この所得だと税率は約10%となり、所得税が21万円になります。

年収300万円の場合
年収300万の場合は、年収300万から給与所得控除 108万円を引いた192万円が所得になります。課税対象は所得の192万円から38万を引いた154万円となります。この所得だと税率は約5%となり、所得税が7.7万円になります。

年収103万円の場合
年収103万の場合は、年収103万から給与所得控除 65万円を引いた38万円が所得になります。課税対象は所得の38万円から38万を引いた金額、つまり0円になります。これがいわゆる103万円の壁で、税金がかからない最大年収なのです。所得が38万円になるので、38万円の壁と呼ばれることもあります。

参考までに給与所得控除額と所得税を載せておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。