確定拠出年金はじめました

1年も早いものでもう年末ですね。僕は今年の税金を安くしようと思って確定拠出金年金を11月上旬に申し込んだのですが、残念ながら初回の掛け金の引き落としは、来年の1月になるようで、今年の節税効果は期待できません。ちなみに確定拠出金は遡って支払うことができないので、11月、12月の控除を狙っていました。

さて、本日やっと口座が開設されてログインIDとパスワードが届いたので早速商品選定してみました。選択できる商品は2017年12月17日現在で67個あります。カテゴリは国内株式、海外株式、国内REIT、海外REITの4つ、さらにインデックスファンドに限定して絞り込んでみました。
この中から手数料が一番低くて、信託財産保留額がかからないものを選択します。投資をしたことがない人はインデックスファンドの中から一番手数料が安いものを選んでおけば間違いありません。商品説明にアクティブかパッシブかが記載されており、商品タイプがパッシブと書いているのがインデックスファンドだと思っておけば間違いありません。ここでは詳しい説明は割愛しますが、確定拠出金をやるならパッシブファンドとインデックスファンドの違いぐらいは知っておいた方がよいでしょう。僕は以下のようにポートフォリオを構成してみました。

・国内株式20% (三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド)
・海外株式(先進国)30% (DCニッセイ外国株式インデックス)
・海外株式(新興国)30% (EXE-i 新興国株式ファンド)
・国内REIT10% (DCニッセイJ-REITインデックスファンドA
・海外REIT10% (三井住友・DC外国リートインデックスファンド)

ちなみに僕は毎月の掛け金を6万7千円にしています(自営業者は6万8千円が限度額ですが、月額400円の国民年金付加年金を払うと6万7千円が限度額になります)。

確定拠出金の最大のメリットは全額所得控除できることで、最大で年間81万6千円所得控除でき、自営業者にとっては、中小企業共済とならんで2大節税ツールのひとつとなります。

この辺の戦略は橘玲氏の本で詳しく解説されており、僕はそのまま実践しています。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。