シャーププラズマクラスターを買いました

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。僕は自宅兼オフィスの快適化に取り組んでいる昨今です。花粉症の季節に先立ち、シャーププラズマクラスター 『プラズマクラスター FU-G51-W』を購入しました。加湿機能がついていないのと、フィルター交換をする必要がないのが決め手です。加湿器は湿気という性質上、メンテナンスを怠ると不衛生になりやすく、空気を循環させる空気清浄機と一体型になっていると、ずぼらな僕には使いこなせないと思ったからです。

アマゾンのレビューを読むとわかりますが、シャープのプラズマクラスターは非常に人気が高く、多くの人がシャープのプラズマクラスターを候補にすると思います。そして、今度はどれにしようかと悩むはずです。加湿器機能がないモデルだけでもこれだけありますから。

結論からいうと、FU-H50、FH-G51、FU-F51の中で1番安いものを買えばよいでしょう。FU-H50は外観が少しかわりましたが、スペックはほとんど変わりません。FU-G51とFU-F51は型番が変わっただけでスペックは全く変わりません。

余談ですが、以下のシャープの『FH-G51とFU-F51との違いは?』という質問に対する回答は本当にゴミですね。比較表をみて型番以外なにも変わらないというのを理解するのに、貴重な人生を10分ほど無駄にしました。倒産寸前だったのも納得です。

とシャープをディスってみたものの、『プラズマクラスター 空気清浄機』はなかなかいい感じです。左の白いのが集じんフィルター、中央の黒いのが脱臭フィルター、右がパネルです。で空気の流れは、パネル ⇒ 脱臭フィルター ⇒ 集じんフィルターを経由して上から排出されます。手前のパネルと真ん中の脱臭フィルターは水洗いできます。全部取り外せるのでメンテナンスも簡単そうです。フィルターは10年くらい交換不要なので経済的にも助かります。

デザインもなかなかいいですね。匂いセンサーがついていて空気の汚れを検知すると、モニターの色が変わって風量が増えます。

詳細は商品の説明で確認してみてください。
『シャープ プラズマクラスター7000搭載 スタンダード空気清浄機 ホワイト FU-G51-W』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。