損益計算書の読み方

ある一定期間に企業がどれくらい儲かっているのか,または損しているのかを計算したもの。

ある町のパン屋の場合を考えてみよう。この一年間でこのパン屋さんは,1個100円のパンを10万個販売した。単純に考えて,100円×10万で1000万円。これが『売上高』。当然だがこの1000万円は利益ではない。小麦粉代,アルバイトに払う給料などが発生するからだ。
income

このパン屋さんは,1個のパンを作るのに10 円分の小麦を使っているので 10 円 × 10 万個で 100 万円分の小麦を使ったことになる。これが『売上原価』だ。

『売上総利益』は,売上高から,売上原価を引いた大雑把な売り上げのこと。ここでは 900 万円になる。

このパン屋では,アルバイトが1人働いていた。月 3 万、一年間だと 12 万円の人件費。それに加え,光熱費が1年間で10万円かかった。この合計22万円が『販売費及び一般管理費』になる。

またこのパン屋さんは,製粉会社の株を持っており,この年は 12 万円の配当金が入ってきた。このような本業であるパンの販売以外によって得た収益を『営業外収益』という。

パン屋さんは銀行からお金を借りており,1年間の利子は1万円。本業以外で発生したこのような費用は『営業外費用』とばれる。

『経常利益』とは,営業利益に営業外収益をプラスして,営業外費用をマイナスした後の利益。この例では 87 8万円 + 13 万円 -1 万円 で 890 万円。

また,パン屋さんは所有していた土地の1部を売り, 100 万円の臨時収入を手にした。このような収入が『特別利益』にあたる。

不幸なことに,パン屋さんはある夏の夜,強盗に入られ120万円を奪われたので,これを『特別損失』とした。

『税引前当期純利益』とは,経常利益から特別利益をプラスし,特別損失をマイナスした利益。この例では,890万円 + 100万円 -120万円 で 870万円。

最終的な利益である『当期純利益』は税引き前当期純利益である870万円から税金を差し引いた金額 670万円だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。